scroll

目と舌で堪能する至福。春の風物詩「桜鯛」

旬を愛でる桜鯛

春の季語にも数えられ、古来より日本人に愛でられてきた桜鯛。
真鯛は、桜の花が咲き始める3月から5月にかけて
肌の色を鮮やかなピンク色に輝かせることからいつしか桜鯛と呼ばれるようになりました。

桜のように鮮やかで美しい色のもとになるのは淡路島周辺の
豊かな海が育てた海老や蟹などの豊富な食糧。
真鯛の中でも、産卵の為に栄養を蓄え、脂がのっているこの時季がピークとも云われています。

淡路島の真鯛

淡路島の真鯛

万葉の昔より“御食国(みけつくに)”として数々の食材を朝廷に献上し、食の宝庫としての歴史を紡いできた淡路島。
北は明石海峡、東は紀淡海峡(友ヶ島水道)、西は播磨灘、そして南には鳴門海峡と、全国に名を馳せる真鯛の好漁場の中に浮かんでいる島です。
淡路島で獲れる真鯛は、渦潮で有名な鳴門海峡といった周辺の激しい潮流で身が締まり、適度にのった上質な脂が特徴。常に新鮮な海水が流れる鳴門海峡はミネラルいっぱいの海域で、プランクトンがたくさんいます。そのため、真鯛の食糧となる海老や蟹が豊富に育つ恵まれた環境。その上質な食糧を思う存分に食べているからおいしいのです。
鳴門鯛や明石鯛など、全国ブランドとして高い評価を得ている淡路島の真鯛。特に丸山港は、大正・昭和・平成と三代にわたって天皇に真鯛を献上したことでも有名です。
速い潮流と豊富な食糧、最高に恵まれた環境が育てる優美な姿と深い旨みが特徴のブランド食材です。

万葉の昔より“御食国(みけつくに)”として数々の食材を朝廷に献上し、食の宝庫としての歴史を紡いできた淡路島。
北は明石海峡、東は紀淡海峡(友ヶ島水道)、西は播磨灘、そして南には鳴門海峡と、全国に名を馳せる真鯛の好漁場の中に浮かんでいる島です。
淡路島で獲れる真鯛は、渦潮で有名な鳴門海峡といった周辺の激しい潮流で身が締まり、適度にのった上質な脂が特徴。

常に新鮮な海水が流れる鳴門海峡はミネラルいっぱいの海域で、プランクトンがたくさんいます。そのため、真鯛の食糧となる海老や蟹が豊富に育つ恵まれた環境。その上質な食糧を思う存分に食べているからおいしいのです。
鳴門鯛や明石鯛など、全国ブランドとして高い評価を得ている淡路島の真鯛。特に丸山港は、大正・昭和・平成と三代にわたって天皇に真鯛を献上したことでも有名です。
速い潮流と豊富な食糧、最高に恵まれた環境が育てる優美な姿と深い旨みが特徴のブランド食材です。

激しい潮流にもまれた、桜鯛の旨さのポイント

ミネラル豊かな海域で育つ
上質で豊富な食糧

鳴門海峡はプランクトンが多く、真鯛の食糧となる海老や蟹が非常に豊富な恵まれた環境。それらを思う存分に食べてその旨みを蓄えるからおいしいのです。

コリコリした歯ごたえ
弾力ある引き締まった身

激しい潮流の鳴門海峡で育った「鳴門鯛」は、激流を泳ぐことで骨折し、それによってできた「こぶ」を持つものもいるほど。そのような厳しい環の中で育った鳴門鯛は身が締まり、おいしくなるのです。

しっとりと適度にのった
上質な脂の味わい

3月末頃から5月半ばの時期、産卵を控えた桜鯛は栄養を豊富に蓄えます。上質な脂がのって一層旨みが増した桜鯛の豊かな味わいを是非ご堪能ください。

鳴門の潮流が育んだ一級品
鳴門の桜鯛を味わう

画像をタップすると説明文が表示されます。

  • 桜鯛の姿造り

    桜鯛の姿造り

    姿かたちが美しく華やかな真鯛の姿造りは、慶寿のお祝いの席を彩るにはぴったりの一品です。その豪快な見た目もさることながら、透き通った白身のぷりぷりとした歯ごたえと上品な味わいが堪りません。鯛本来の甘味を愉しむためにも、お醤油は少しだけつけてお召し上がりいただくのがおすすめです。

  • 桜鯛の宝楽焼

    桜鯛の宝楽焼

    陶器鍋に那智黒石を敷き詰め、その上に真鯛と一緒に海老やさざえなどを並べて焼き上げる淡路島の郷土料理。 蒸し焼きにすることで旨みを封じ込め、素材本来の味を愉しめます。蓋を開けた時に立ち上がる磯の香り、口の中でほぐれる鯛のふっくらとした口当たりが何とも言えません。

  • 桜鯛のしゃぶしゃぶ

    桜鯛のしゃぶしゃぶ

    鯛の身を軽く出汁にくぐらせたなら、淡路島のこだわりポン酢でお召し上がりください。完全に火が通り切る前に食べるのがおすすめ。出汁の旨みが上品な鯛の味を引き立てます。新芽で柔らかく湯通しすると鮮やかな緑色に変わる若布やシャキシャキの淡路島レタスと共にどうぞ。

  • 桜鯛のポワレ

    桜鯛のポワレ

    じっくりと丁寧に焼き上げられた鯛の皮はパリッと香ばしく、そして旨みが閉じ込められた身はふっくらと。淡泊ながらも上品な味わいの鯛のポアレは、バターソースやジンジャーソース、ジェノバソースなど、様々な種類のソースとの相性もバッチリです。淡路玉葱などの季節の野菜と共にご堪能ください。

  • 桜鯛のカルパッチョ

    桜鯛のカルパッチョ

    新鮮でぷりぷりとした食感の鯛の身と、程よく酸味の効いた爽やかなソースの相性が絶妙です。さっぱりとした味わいの中にしっかりと感じられる鯛の旨みと、鮮やかに飾り付けられた彩り野菜との組み合わせ。舌だけではなく目でも愉しませてくれるおしゃれな一品をお愉しみください。

  • 桜鯛のあら煮

    桜鯛のあら煮

    鯛の兜や骨から旨みが染み出した濃厚な煮汁の照りと艶が食欲を誘うあら煮。程良く締まった頬肉、脂がのったカマの身、目や口の周りのとろけるようなゼラチン質など、鯛のおいしさのすべてが凝縮された味わい深い一品はご飯との相性も抜群です。

  • 桜鯛の鯛そうめん(鯛めん)

    桜鯛の鯛そうめん(鯛めん)

    淡路島に伝わる手延べそうめんの温かい出汁に、焼いたり素揚げした鯛をのせて食べる郷土料理。ふくよかな鯛の香りと、旨みが染み出した出汁、そして喉越しの良い手延べそうめんの取合せが絶妙です。めでたいことが長く続くようにという願いを込め、昔からお祝いの席などに振舞われる縁起物です。

  • 桜鯛の鯛めし

    桜鯛の鯛めし

    あつあつほくほくの鯛めし。焼いた鯛の身とお米、そして特製出汁を土鍋で炊き込んだら、最後のポイントは蒸らしです。お米の芯まで鯛のおいしさが染み渡り、絶妙の炊き上がりに。蓋を開ければ、湯気と一緒に立ち上る香ばしい薫りが食欲をそそります。身をほぐしながらサックリと混ぜてどうぞ。

  • 桜鯛の鯛茶漬け

    桜鯛の鯛茶漬け

    新鮮な鯛の身をご飯にのせてあつあつのだし茶をまわしかけ、ほんのりと色が変わった身を頬張る贅沢な鯛茶漬け。あっさりとしているのでお食事の〆にもおすすめです。好みに合わせて胡麻や山葵、海苔などをトッピングしてお召し上がりください。

  • 桜鯛の鯛の子

    桜鯛の鯛の子

    春に産卵シーズンを迎える真鯛は、お腹に卵を抱えます。鯛の子は一匹の真鯛からほんの少量しかとれない希少な食材。熱湯に入れると皮が縮んで花が開いたようになり、見た目が美しく、一粒一粒が細かいので舌触りも滑らか。口の中に入れると、ほろほろとほぐれて旨みが広がります。

料理長の想い

料理長の想い

春の訪れを彩る
桜色の優美な姿

鳴門の鯛は身が引き締まっていて、しっかりとした歯ごたえがあるのが特徴。全国的にも有名なブランド食材です。
鯛は捨てるところがなく骨まで食べ尽くせる魚。その中でも特におすすめは、皮と身の間にある程よい脂を愉しめるとてもおいしい一品の松皮造りです。
他にも薄造りはよく冷えた切り身を舌の上にのせると甘みが広がり、のど越しが最高。中骨を焼いて出汁をとった鯛飯は、旨みたっぷりで料理の〆に最高です。
桜色の優美な姿で春の訪れに彩りを添え、様々な最高の食べ方で味わえる桜鯛をぜひ、淡路島でお召し上がりください。

ホテルニューアワジグループ
淡路夢泉景 総料理長
鳥嶋 照泰

江戸時代からの縁起物
「鯛の鯛」

鯛が胸びれを動かしたりするときに使う骨の俗称である「鯛の鯛」。その形が鯛の姿に似ているのでそう呼ばれるようになりました。江戸時代から「めでたい鯛の中でさらにめでたい形である」と喜ばれ、お守りとして財布に入れておくとお金が貯まると言われている縁起物です。宝楽焼や荒煮を召し上がる際に、胸びれの付け根部分を慎重にほぐしていくと見つけることが出来ますので、ぜひ探してみてください。

鳴門海峡の激流を生きた証
「鳴門骨」

瀬戸内海の鳴門海峡や明石海峡で揚がる天然鯛の中には、尾の付け根の骨に「鳴門骨」と呼ばれるこぶのある真鯛がいます。これは鳴門の渦潮のような激しい潮流にもまれながら泳ぐことで骨が疲労骨折し、治癒を繰り返すことで太くなったもの。すべての真鯛にあるものではなく、厳しい自然環境の中で育ち、身が引き締まった天然真鯛の証といえます。

淡路島の旬に出逢う

淡路島の旬に出逢う

桜鯛をはじめ、御食国 淡路の旬の味覚に出逢える宿泊プラン。
桜鯛をふんだんに使ったコースや創作会席、コースのメイン料理として取り入れたメニューなど、
各ホテルそれぞれがおすすめするお料理プランです。
※ホテルによって期間は異なりますので、予めご了承ください。

【地産地消】淡路の鮮魚と山里の幸を味わう春の膳

【地産地消】
淡路の鮮魚と山里の幸を味わう春の膳

万葉の時代より若狭・志摩とともに皇室へ島の産物を献上する役割を担ってきた淡路島。その漁港にあがる桜鯛をはじめとする旬の海の幸を中心に、淡路牛などの食材を散りばめた日本料理をお召上がりいただきます。

料金:22,680円~
夕食:あり 
朝食:あり

この桜鯛プランを予約する

※上記料金は2名様1室利用時でのお一人様あたりの最安値です。
曜日・時期により料金は変更します。(サービス料込・消費税込・入湯税別)

【淡路ブランド】本場の桜鯛づくしプラン

【淡路ブランド】
本場の桜鯛づくしプラン

姿造りや淡路島名物の宝楽焼、しゃぶしゃぶ、薄造りなど、旬の桜鯛を余すところなく味わいつくしていただけるお料理コース。今だからこそ味わえる上質な旨みをご堪能ください。

料金:21,600円~
夕食:あり 
朝食:あり

この桜鯛プランを予約する

※上記料金は2名様1室利用時でのお一人様あたりの最安値です。
曜日・時期により料金は変更します。(サービス料込・消費税込・入湯税別)

淡路島ブランド・天然桜鯛づくし

淡路島ブランド・天然桜鯛づくし

淡路島の春を代表する味覚 「桜鯛」。東京や京都などの高級料亭御用達のブランド食材の素晴らしさを実感していただける様に、地元の旬の幸と共にさまざまな料理法で味わい尽くしていただきます。

料金:30,240円~
夕食:あり 
朝食:あり

この桜鯛プランを予約する

※上記料金は2名様1室利用時でのお一人様あたりの最安値です。
曜日・時期により料金は変更します。(サービス料込・消費税込・入湯税別)

島の恵みを和食とフレンチで味わう春会席

島の恵みを和食とフレンチで味わう春会席

淡路島の春の花をイメージして料理長とシェフが作った色あざやかな会席は新しい春の喜びが表現された、まさに目でもお愉しみいただけるお料理コース。旬の桜鯛を淡路牛を使った一品とともにご堪能ください。

料金:18,360円~
夕食:あり 
朝食:あり

この桜鯛プランを予約する

※上記料金は2名様1室利用時でのお一人様あたりの最安値です。
曜日・時期により料金は変更します。(サービス料込・消費税込・入湯税別)

【四季彩ダイニング「浜房」】桜鯛と淡路牛ステーキを味わう創作会席

【四季彩ダイニング「浜房」】
桜鯛と淡路牛ステーキを味わう創作会席

桜鯛と旬菜をあしらった目にも鮮やかな創作料理。オープンキッチンスタイルだからこそ、できたての美味しさをお愉しみいただけます。脂が乗って美味しい春の真鯛を様々な調理法で華やかに演出。淡路牛のミニステーキもお召し上がりください。

料金:19,440円~
夕食:あり 
朝食:あり

この桜鯛プランを予約する

※上記料金は2名様1室利用時でのお一人様あたりの最安値です。
曜日・時期により料金は変更します。(サービス料込・消費税込・入湯税別)

≪ランクアップ≫特選・海菜美創作和洋コース

≪ランクアップ≫
特選・海菜美創作和洋コース

地産地消&ヘルシーな創作和洋コースのメニューをグレードアップしたワンランク上の特選料理プラン。万葉の時代より皇室へ島の産物を献上する役割を担ってきた淡路島の食材をふんだんに使ったお料理をレストラン「海菜美」でお召し上がりください。

料金:18,360円~
夕食:あり 
朝食:あり

この桜鯛プランを予約する

※上記料金は2名様1室利用時でのお一人様あたりの最安値です。
曜日・時期により料金は変更します。(サービス料込・消費税込・入湯税別)

桜鯛姿造りと特選宝楽焼会席

桜鯛姿造りと特選宝楽焼会席

栄養を豊富に蓄えて格別に脂が乗り、そして瀬戸内海の速い潮流にもまれ抜群に身の締まった、一番美味しい真鯛をこの時期限定でご用意いたします。淡路島の春の風物詩と言われる“桜鯛”を姿造りや特選宝楽焼で存分にお楽しみ下さいませ。

料金:20,520円~
夕食:あり 
朝食:あり

この桜鯛プランを予約する

※上記料金は2名様1室利用時でのお一人様あたりの最安値です。
曜日・時期により料金は変更します。(サービス料込・消費税込・入湯税別)

≪Best Rate≫ 【モデレートフロア】 2013年12月グランドオープン

≪Best Rate≫ 【モデレートフロア】 2013年12月グランドオープン

茜雲のような緋色の絨毯が印象に残る夕映えのダイニング「旬房 新淡」でご用意。桜鯛など島の新鮮な海の幸を基調に、淡路野菜や淡路牛をアンサンブル。淡路島ならではの恵まれた食材を存分に活かした料理コースをお召し上がりください。

料金:19,440円~
夕食:あり 
朝食:あり

この桜鯛プランを予約する

※上記料金は2名様1室利用時でのお一人様あたりの最安値です。
曜日・時期により料金は変更します。(サービス料込・消費税込・入湯税別)